フィリピン留学・英語留学【F2F】 | フィリピン留学とは

フィリピン留学とは

「新しい生き方を見つけてみたい!」

フィリピン留学に来られる方がよく口にされる言葉です。

日本という閉ざされた空間、家と会社(学校)の往復で過ぎる去る時間、生きている実感やワクワク感がない毎日…そういった現実を打破したい!もっと自由で楽しいライフスタイルを見つけたいという原動力が、「フィリピン留学」ブームの一つのきっかけです。

「英語を話せる」ということは、単に学校の成績や会社の昇進に関係するだけではなく、「たくさんの可能性を秘めた広い世界に一歩踏み出せる」ことを意味します。

英語というコミュニケーションツールがあれば、

◎今まで触れ合ったことのない外の世界の人たちと交流ができます。
◎今まで旅したことのない未知の世界に飛び込めます。
◎今まで想像すらできなかった「新しい自分のライフスタイル」を創ることができます。

英語は「学ぶこと」が終着点ではありません。
英語は「使うこと」そして「自分の人生を豊かにし、可能性を広げること」ができてはじめて大きな意味を持ってきます。

Face to Face English Schoolが提唱する「フィリピン留学」は、

◎安いのは当たり前
◎短期間で効果的に身につけるのも当たり前
◎英語を使って「人生の可能性を広げる」ことができて目標達成

このように考えています。

ここでは、Face to Face English Schoolにおける「フィリピン留学」の魅力を簡単にご紹介いたします。

結果にコミットするマンツーマン授業

kohei2Face to Face English Schoolでの授業はマンツーマン(生徒1人に対して先生が1人)が基本です。欧米留学ではグループレッスン(生徒10~20人に対して先生が1人)が主流なので、1授業の中で自分が英語を話す時間はわずか5分に満たないことがしばしば。

一方マンツーマン授業の場合、他人のペースを気にせず、授業の中で思う存分話すことができるのであっという間に英語を習得することができます。
また、ただ漫然と「雑談」でマンツーマン授業を終わらせるのではなく、一コマ一コマしっかりと意味と目的を持って授業を組み立てます。

◎生徒様がどのような目的を持って英語を学習しているか
◎生徒様の強化したい点、克服したい弱点はどこか
◎生徒様が将来的に英語をどのように使いたいか

「旅行に行ったときに英語を自由に使いたい」「英語を使った仕事がしたい」「海外に移住したい」など、「最終的にどのようにして英語を使うか」ということを見据えて、マンツーマン授業を行います。
F2Fでは1日5~7時間のマンツーマン授業を用意していますので、1 ヶ月滞在するだけ
で、実に100時間近く英語を話すことができるのです。これは欧米留学と比較して5~8倍の量にあたります。

圧倒的な安さ

page1-3

F2Fでは1日5~7時間のマンツーマン授業+1時間の無料グループクラスがつき、さらにネイティブスピーカーが在籍して費用は驚きの4週間13万円からです。もちろん授業料だけではなく宿泊費、食費、掃除・洗濯代などすべて込みの料金です。ネイティブ講師が在籍する学校としては、フィリピン最安値の部類です。

一方、欧米留学では宿泊費や食費が別途発生する場合が多く、非常に割高になってしまいます。

F2Fの留学費用は欧米の1/3~1/5ですが、反対に英語を話す量は実に5倍以上にもなり、非常にすぐれたコストパフォーマンスであることがわかります。

英語大国フィリピンの実力

page1-5


あまりよく知られてはいませんが、フィリピンは英語が公用語に指定されており、英語人口が世界第3位の英語大国です。テレビ、スーパー、  学校などでは英語がとびかい、生まれた時から英語の文化の中で育っている人が大半です。

事実、国際的なビジネス英語力を示すBEI(ビジネス英語指数)では、フィリピンはこの数年ずっと1位を獲得しています。アメリカの会社のコールセンターなども数多く存在し、フィリピンの英語力の高さが証明されています(世界No.1のフィリピンに比べ、日本はアジアで最下位です)

当校のフィリピン人講師はアメリカ人代表が直接面接・採用を行った非常にレベルの高い講師です。これまで英語教師として経験を積んできた者や教育学の修士号を持つ者など、幼い頃から英語に慣れ親しみ普段も英語で生活を行なっているため、彼らは欧米のネイティブに引けをとらない英語力を持っています。
発音も非常にきれいなアメリカ英語であり、文法などに関しては欧米人よりも正確さを重視して会話を行います。それに加えて非常にフレンドリーな国民性であるため、英語が初心者の日本人ともすぐに仲良くなり、ときに教師として、ときに友人として生徒のみなさんの語学力をどんどん引き上げていってくれます。

face to face english school cream house

タガイタイでリゾート留学

tagaytay taal restaurant

Face to Face English Schoolはマニラから南に60kmほどの場所にある、タガイタイ市に存在しています。

有名な経済紙「フォーブス」の中でフィリピンは「リタイア後に暮らしたい世界のベスト20か国(2015年版)」の最上位国の1つとして選ばれました。
その中で特に、「タガイタイ」と「スービック」がフィリピンの中で最も暮らしやすい場所の1つとして言及されています。

タガイタイの特徴は以下の通りです

1.気候が涼しい

タガイタイは標高700mの高地にあり、マニラやセブ、アンへレスなどの留学地と比べて非常に涼しいのが特徴です。
高級避暑地として有名で、元大統領の別荘跡地や数多くのゴルフコースなどもあり、フィリピン人にタガイタイのことを尋ねると、「一度は行ってみたいリゾート地」と答える人がほとんどです。

2.おしゃれなレストランやカフェが多い

タガイタイは新聞や雑誌などでたびたび特集を組まれるような場所で、ホテルやレストランが数多く存在しています。
美しい景観が自慢のホテルや自然食レストラン、幻のコーヒー(Alamid coffee)が飲める有名カフェなど、非常にクオリティーの高いお店がそろっているのも魅力の一つです。
また、新鮮な野菜や季節の果物がそろっているフルーツスタンドやローカルフードを味わえるレストランなどもあります。

3.治安が良い

前述の通り、タガイタイはセレブの避暑地として有名で、セキュリティ面も非常にしっかりしているのが魅力です。
街全体が景観や治安に大きな注意を払い、風紀を乱すような建物や物乞い、ストリートチルドレンなどがいないのが特徴です。

※フィリピンは7000以上の島々からなる国ですが、場所によって治安には大きな差があります(日本でも田舎の農村部と新宿などの都会では治安に差があるのと同様です)。テレビなどで時々取りざたされるミンダナオ島は、政府と反政府ゲリラが40年以上も紛争を繰り返していますが、タガイタイはそれらの地域から遠く離れており(島自体が違います)、距離にして1500km以上も離れているので影響はありません。

4.自然が多い

タール湖をはじめ、周辺には山や海がたくさんあります。週末には講師と一緒に山登りに出かけたり、生徒同士でダイビングに出かけたり、ネイチャーアクティビティを楽しむことができる環境です。
空気も澄んでいて、夜にはたくさんの星が見える素晴らしい環境です。


◎レストランやSPAの写真

地元のフィリピン料理店だけではなく、日本人オーナーが経営している和食店、サムギョプサルが食べ放題の韓国料理店、本格的なピザ屋など、たくさんのレストランがあります。

Nurture-spa
nurture-spa-Frank-Ruaya-When-In-Manila-25
Bag-of-Beans
dining area


◎ショッピングモールやレジャー施設の写真

また、ショッピングモールやカジノ、遊園地、カフェなども充実しています。
コンビニなども近くに多数あり、フィリピンにいながらにして非常に便利な留学生活を送ることができます。

sky ranch
Tagaytay-Casinostarbucks


◎自然豊かなタガイタイの写真

一方、一歩郊外に出るとそこには豊かな自然が残っており、標高700mから見下ろす美しい山々、タール湖など素晴らしい景色を楽しむことができます。

乗馬体験やジップライン(ワイヤーロープで体を吊るして山間を滑走するアトラクション)などが楽しめる人気スポットのピクニックグローブや、マルコス元大統領の別荘跡地からタガイタイを一望することもできます。

taal5
starbucks12227673_10203722429621773_419989397653239192_n


◎ダイビングスポットの写真

また、車で約1.5時間ほどで有名なダイビングスポット「サンルイス」や「アニラオ」に行くこともできます。
1000円程度で一日中ウェイクボードが楽しめるカラタガンも近く、マリンスポーツが好きな方も満足できます。

Anthias-Anilao-Batangas
11239363_188892408167428_7900740016993316739_n


◎タガイタイの地図

タガイタイは東西に一本の幹線道路がはしっていて、そこから20以上のサブディビジョン(セキュリティーゲートを通って中に入る住宅街)が枝分かれしています。

サブディビジョン内はもちろん、幹線道路沿いも非常に治安が良く、学校から一人でスーパーやコンビニなどに行くことも問題ありません。

街全体が非常に落ち着いていて勉強に集中できる環境です。

Tagaytay-Map


英語の勉強はもちろんですが、それ以外にも、都会の喧騒に疲れたとき、またゆっくりと自分自身を見つめなおしてみたいとき、タガイタイは私たちの心を癒してくれる素晴らしい場所でもあります。

タガイタイにある日本人経営の英語学校はFace to Face English School一校のみです。

マニラやセブ、アンヘレスなど、学校が密集している場所を少し離れて、タガイタイで「英語留学×心の癒し」を体験されてみてはいかがでしょうか

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : zip 4120 Tagaytay Heights, Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp