フィリピン留学・英語留学【F2F】 | 生活の様子F2F English Web SiteF2F English Web Site

生活の様子

group pic

「安心・安全にフィリピン生活をエンジョイできる」

Face to Face English Schoolが提供する留学生活では、英語学習はもちろん、「異文化体験」も存分に味わっていただくことができます。

もちろんフィリピンは日本ではありませんので、科学技術や建築技術などで劣るところが多々ありますし、公共サービスも日本のようにパーフェクトなものは求められません。
けれども「フィリピンにしかない魅力」もたくさんあり、日本では味わうことができないフィリピンでの生活を120%楽しんでいただきたいと願っています。

当校に来られた生徒様のほとんどが、「タガイタイは安心して落ち着く」と言われています。
治安の良さはフィリピン最高水準で、気候も非常に涼しく、近くにはコンビニやスーパー、レストランなどがたくさんあるので非常に便利です。

一方で周辺には山や湖があり、自然に囲まれた素晴らしいロケーションです。また、ビーチやダイビングスポットも近くにあり、アクティビティも充実しています。
空気がおいしく、星がきれいに見えるこの環境は、マニラやセブなどの都市部では味わうことができない「フィリピンライフ」を提供してくれます。

宿舎

当校には以下の建物があります。

生徒様の宿舎
◎ブラウンハウス
◎レッドハウス
◎ブルーハウス
◎グリーンハウス
◎クリームハウス

◎パープルハウス
◎ベージュハウス(夏季のみ)
◎オレンジハウス(夏季のみ)
◎グレーハウス(夏季のみ)
※時期によってオープンしている宿舎が異なります

◎教室の建物
◎当校が併設する人材紹介会社のオフィス

上の写真は生徒のみなさんが生活をする宿泊施設です。英語講師と共同生活をするシェアハウスタイプのアットホームな建物で、まるで自宅にいるような落ち着ける空間をコンセプトにしています。
はじめての海外留学では不安や心配事があるのは当然ですが、巨大なホテルタイプの建物の一室で過ごすのではどことなく孤独感を覚えられるかもしれません。

けれどもF2Fの宿舎は完全少人数シェアハウスタイプで、それぞれのプライベートな空間と、アットホームな共用スペースが絶妙にミックスされるように心がけています。ストレスなく英語の学習に打ち込むことができ、同時に様々な方と交流を楽しめるように工夫を凝らしています。

生徒様の好みに応じて、以下のお部屋をお選びいただけます
1人部屋A(トイレ、シャワーあり)
1人部屋B(トイレ、シャワー共用)
1人部屋C(カップルルーム トイレ、シャワーあり)
2人部屋A(トイレ、シャワーあり)
2人部屋B(トイレ、シャワー共用)

※付属設備…冷蔵庫(各宿舎)、ウォーターサーバー(各宿舎)、電子レンジ(各宿舎)、ガスコンロ(各宿舎)、
ケーブルTV(クリームハウス、レッドハウス)、
扇風機(各部屋)、ドライヤー(各部屋)、ビジネス用高速WiFi(各宿舎)

グリーンハウス

green dining room

green garden2green bathroom


レッドハウス

20170310_101525

20170221_170222_001720170221_170222_0016

ブルーハウス



パープルハウス

purple-diningpurple-couple-room
purple-common-spacepurple-single1
purple-crpurple-couple-room2

 

ブラウンハウス

第三宿舎brown house diningroom
brown singlebrown single2
brown house livingroom3rd-house-CR2

 

クリームハウス

cream housecream house 2
single cream2cream hosue 2 per room2

 

ホテル寮

全室が完全に独立したホテルタイプのお部屋です。キッチン、リビングはなくホテルのように全室が独立しています(自炊をされたい場合は、他の宿舎のキッチンを使用していただけます)。
完全プライベート重視の方に最適です。各部屋にトイレ、シャワーが付いております。また、ポケットWiFiを一台ずつレンタルさせていただきます。

outside hotel building
outside hotel room2outside hotel room1

※料金について(詳しくは「コース内容と費用」を参照)


食事

manuel

当校には専任のシェフがいます。13年の料理人経験を持っており、これまで数多くのレストランやホテルでシェフとして働いてきました。一日に一万食をつくる厨房を任されていたこともあり、様々なホテルから今なおオファーが来る一流の腕前です。

フィリピン料理はもちろん、中華料理、タイ料理、インド料理、イタリア料理、地中海料理なども得意で現在は日本食の研究もしています。
その彼が日本人の好みに合わせた手作りの食事を朝・昼・夜の1日3食つくります(日曜日と一部の祝日のみ除く)。

フィリピンにはたくさんの語学学校が存在しますが、辛すぎて食べられなかったり、栄養バランスが全然考えられていない食事を提供するような学校も少なからずあります。当校では「体調管理のためにも、食事の味と栄養バランスは非常に重要」との考えから、このシェフと専属で契約をしています。とても気さくで生徒さんのリクエストなどにも気軽に応じてくれるのでとても人気があります。

o0448060012896496557o0448060012902283174
Meal1310576909_705693136180736_5659075643374377803_n
philippines-f2f-akiko4philippines-f2f-food1
Meal21Meal23

清掃・洗濯

清掃スタッフがこまめにシーツ交換やお部屋の掃除を行います(最大週3回)。また、洗濯サービスも週3回利用できます。当校の清掃スタッフはとても明るく、生徒さんとすぐに仲良くなります。
また、当校には専属の用務員がいますので、何らかのトラブル(トイレ詰まり、電球交換、施設の修繕関係など)が生じた場合、すぐに対応させていただきます。
掃除や洗濯に気を取られることなく、英語学習にだけしっかりと集中できる環境づくりを提供いたします。

インターネット

インターネットを使って調べ物をしたい、フィリピンにいても家族や友だちとメールなどでやりとりがしたい、ほとんどの方がそう思われるでしょう。

フィリピンのインターネット環境は日本と比べると非常に悪く、ネットがつながらない学校もたくさんあります。 当校では「可能な限り快適なインターネット環境を提供したい」という思いから、ビジネス用の高速WiFiを各宿舎に配置しています(合計8台以上を常設)。

ここタガイタイ市において提供できる最速のインターネット環境が全ての場所で24時間使い放題です。 ノートパソコンやスマートフォンなどをご持参いただければ、より快適なフィリピンライフが送れることと思います(通信速度は、フィリピンのインターネットプロバイダーの状況により、パフォーマンスが落ちる場合がありますのでご了承ください)。

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp