フィリピン留学・英語留学【F2F】 | 英会話の秘訣はスモールトークにあり!

F2Fのブログ
英会話の秘訣はスモールトークにあり!2016年7月28日

13307265_10206370196878323_5752411059686873_n

外国人の方たちと、英語でもっとコミュニケーションをスムーズに図りたい!と思われている方はたくさんいると思います。

フィリピン留学に来られた方たちも、

「授業中ではある程度英語が話せるようになってきたけれど、日常場面でいきなり外国人と出会った場合、思うように会話が進まない」

という意見を持っていることが多いのです。


実は、「授業での英会話」と「日常場面での英会話」は少し性質が異なります。

授業での英会話の場合、講師と生徒が一対一の状況で、お互いに「今から英会話の練習をしますよ」という心構えを持っています。

そして、お互いがじっくりと腰を落ち着けて、「今日のトピックは○○です。あなたの意見を聞かせてください」といった感じで、授業が進められていきます(英会話の上達には、こういった学習も非常に重要です)

一方、道を歩いていて外国人に話しかけられたとき、飲み屋で偶然隣に外国人が座ったとき、パーティーで外国人の方と一緒になったときなど、日常場面で英会話をする場合、授業のようにじっくりと腰を落ち着けた状況ではなく、「さりげない会話」から急に英会話が始まります。

この英会話のつかみとなる「さりげない会話」をスモールトークと呼びます。

「いいかばんですね。どこで買ったのですか?」

「お勧めのレストランは○○ですよ。あそこの和牛は絶品です」

「あなたもポケモンGOをしているのですね。どれだけキャラクターが集まりました?」

こういった、あまりかしこまっていない「さりげない会話」ができることで、その後のコミュニケーションが円滑になっていきます。
そもそも初対面の外国人の方と、いきなり「今日のトピックは○○について話し合いましょう」といった会話になることはまずありえません。
それよりも、日常場面で使うくだけた会話や言い回し、話の流れがとても重要になるのです。

13346663_1176128275742347_5763286586143227116_n

Face to Face English Schoolの魅力は、なんといってもたくさんの英語講師が宿舎の中に一緒に住んでいる点です。

授業が終わった後、一緒に買い物に出かけたり、休日に一緒に料理を作ったり、夜コーヒーを飲んだり…そういった日常生活を共にすることで、いつでも「スモールトーク」をするチャンスがあります。

また、講師たちとFace BookなどのSNSツールでつながったりすることで、講師たちが日々アップする英語の記事を読むことができたり、直接メッセンジャーなどでやり取りをすることもできます。
卒業後も、多くの生徒さんが講師たちとつながりを持ち続け、お互いの近況を英語で報告し合ったりしています。

留学中は英語に囲まれた環境なのでいいのですが、卒業するとどうしても英語から遠ざかってしまうケースが多くなります。

そんなとき、SNSツールでお互いの状況を確認できれば、英語学習に対するモチベーションを保つこともできますし、その後の英語力の維持という点では非常に役立ちます。

Face to Face English Schoolでは、授業中はマンツーマンでじっくり腰を据えてしっかりと英語学習ができます。
そして、授業外の時間では、英語講師たちといつでもスモールトークやフリーカンバーセーションを楽しむことができます。

13466314_1105416379522545_8061074543496132383_n

近年は、インバウンド(日本に来る外国人旅行者)の増加や外国人雇用者の拡大、また2020年の東京オリンピックに伴う様々な催し物など、外国人を目にする機会が飛躍的に増えていると思います。

世界の様々な国の人とコミュニケーションを図る上で、英語は今後ますます重要な言語になっていきます。
ぜひFace to Face Enlglish Schoolで、英語を使ったコミュニケーションの練習をしてみてください。

フレンドリーな講師たち、刺激的な留学生たちと一緒に、英語力を一気に高めていただきたいと思います!

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : zip 4120 Tagaytay Heights, Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp