フィリピン留学・英語留学【F2F】 | Matsさんの体験記

生徒様の体験記
Matsさんの体験記2017年3月9日

Face to Face English Schoolに2週間の留学をされたMatsさんの体験記です。

留学前から高い英語力を持たれていましたが、留学を通して実践的な英語を学ばれ、卒業の際には英語でのプレゼンテーションを披露してくださいました。留学生活の様子がよくわかる体験記です!

<Matsさんの体験記>

0.前置き

映像制作会社にてエンジニアとして働いています.
就職して10年近くたちますが,仕事がら比較的夜遅くまで働くことも多く,一般的に見ても忙しい部類の仕事と言えると思います.
直近の大きなプロジェクトではそれなりに重要なパートも任せてもらえましたが,ハードな時期が続き,そのプロジェクトが終わるころには身も心もボロボロになっていました.

このままでよいのか,次の一歩をどう踏み出すべきかを考えていたとき,頭に浮かんだのが学生時代にやらずに後悔していた海外留学でした.
仕事でも英語のドキュメントを読む機会が多く,職場に外国人スタッフがいることもあり,英語学習という名目に関しては上司の理解も得られたので,短期留学用の休暇をもらえることになりました.

アメリカの大学への短期留学を模索しましたが,まずその前段階として2週間ほどのフィリピン留学を考え,セブやマニラではなく勉強に集中できそうな環境であるFace to Face English Schoolを選びました.

1,学校の感想

会社と違い,色んなバックグラウンドを持つ生徒がいて,話しているだけでも飽きなかったです.
また生徒同士だけでなく講師とも距離が近い(実際に自分もフィリピン人講師とルームメイトでした)ので,この点がこの学校の大きな特徴と言えるでしょう.宿舎周辺ものんびりしており,喧騒から離れた,とてもアットホームな雰囲気の学校でした.

blue living room

2,講師や授業の感想

日本のように授業マニュアルがないのか,講師によって授業スタイルが大きく異なります.正直これに関しては良くもあり,悪くもあるという気もしますが,自分はフィリピンらしいなと好意的に受け止めました.
とはいえ,自分が受けた範囲ではですが,講師の質はよいと思うので,あとは相性によって授業への満足度が変わるでしょう.

3,思い出や楽しかったこと

2週間という短期滞在でしたが,自分を追い込むのが好きなので,2週目になって卒業式で英語プレゼンを行うことを決めました.
通常の宿題に加え,資料作りも行わなければならなかったため,連日AM3~4時就寝という少しつらい状況になってしまいました.
ですが,先生や他の生徒の励ましもあって,無事に乗り越えることができ,英語でプレゼンをやり遂げたという達成感を得られました.

少し専門的な内容を扱いましたが,何度か笑いが起こる場面もあったので,まぁまぁ好評だったと受け止めています.
授業以外にもタール山への観光ツアーや週末の外食など短い期間でも色々な思い出が出来ました.
正直,出発前は色々と不安もありましたが,他の生徒や先生ともそれなりに仲良くなれたので本当に良かったです.

taal

4,学習方法

授業以外では基本的に宿題が中心でした.
加えて,復習がてら授業中に理解できなかった単語をリスト化したりしました.
宿題としてはWritingとExplanation(Speakingの授業の1つ)がほとんどのウェイトを占めていましたが,どちらもやりごたえがあってとても勉強になりました.

単に話して終わりなだけのSpeakingの授業ばかリではなく,Writing等,きちんとチェックを受けられる授業も取り入れた方が正確なアウトプットを行う練習になって良いと思います

presentation

5.感想

留学前からある程度の基礎は出来ていましたが,会話は全然出来ませんでした.
しかし,短期間ながらも英語学習の環境に身を置き,強制的に英語を話す時間を持てたことによって,帰国後に職場や英語カフェ等で自分の英語力が上がったことを実感しています.
英語に対してこれまでよりも少し自信がつきました.

また,帰国後すぐに職場に戻りましたが,フィリピンでの経験があまりにも日常からかけ離れていたので,まるで夢でも見ていたかのような感覚に襲われました.
それと同時に仕事中心の生活で,いつの間にかずいぶん狭い世界に閉じこもっていたことも痛感しました.
短い期間はでありましたが,F2Fでの日々は自分にとって非常に充実した,とても印象深いものとなっています.

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : zip 4120 Tagaytay Heights, Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp