フィリピン留学・英語留学【F2F】 | これからの大学入試英語(TOEFLの活用)

F2Fのブログ
これからの大学入試英語(TOEFLの活用)2017年4月18日

17903535_1515723591857284_4560562413596214013_n

2020年、現在行われている大学のセンター試験が廃止され、2021年からは「大学入学希望者学力評価テスト」という新しい試験がスタートすると言われています。この評価テストにおいて、従来とは大きく異なる英語の評価方法が採用されます。

これまでのセンター試験では「読む」「聞く」という2技能の評価が中心でしたが、今後は「読む・聞く・書く・話す」という4技能を評価する方針が明らかになっています。また、TOEFLなど外部の資格検定試験の活用も検討されています。

このTOEFLのテストは現在でも大学入試において活用されていますが、それは主にAO入試や推薦入試に限られるケースがほとんどでした。
一方、今後は一般入試においてもこのTOEFLなどの外部試験のスコアが活用される傾向が顕著になっていきます。

例えば、AO入試や推薦入試で必要とされるTOEFL iBTの参考スコアの一例をあげますと以下の通りになります。

◎京都大学「特色入試」…薬学部(75点以上)
◎大阪大学「AO・推薦入試」…法学部(79点以上)
◎国際教養大学「一般入試」…71点以上でセンター試験の英語を満点として換算
◎立命館大学「AO入試」…国際関係学部(71点以上)
◎中央大学「英語運用能力特別入試」…法学部(68点以上)

など他にも多数

つまり、今後はTOEFLなどのスコアが大学入試においてより大きな評価対象になるということです。

現在、日本政府は「グローバル化」を積極的に推し進め、2014年には「スーパーグローバル大学」の指定を決定しました。具体的には全国で37の大学を「スーパーグローバル大学」に指定し、大学の国際競争力を高めるとともにグローバルな舞台で活躍できる人材を育てることを目的にしています。

日本政府は隣国の韓国や台湾などに遅れながらも、若い世代の「グローバル化」を急速に推し進めていることがわかります。

また、2020年からは小学校3年生から英語の勉強が始まり、「英語」はこれからの世代の人たちにとって切っても切れないツールになっていきます。

私たちFace to Face English Schoolでは、フィリピン留学の醍醐味とも言える「安い留学費用」で最大限の効果を得ることができるレッスンを提供しています。

◎住み込み講師たちとの共同生活で24時間英語漬けの環境

◎ハイレベルなフィリピン人講師とネイティブ講師の在籍

◎4技能をバランスよく伸ばすことができるオーダーメイドカリキュラム(TOEIC,TOEFL,IELTSコースもあります)

それだけではなく、これからのグローバル化社会を見据えて「フィリピン大学入学支援コース」や「フィリピン就職支援コース」などの非常にユニークなコースも以前から備えておりました。

※フィリピンの大学に入学するメリット http://f2fenglish.jp/6626

※フィリピン就職の魅力 http://gensaicareer.com/121


これからは「英語をしっかりと身につけていることが武器になる」時代が間違いなくやってきます。

みなさんがもし「英語力を伸ばしたい!」と思われるのであれば、Face to Face English Schoolは全力でサポートさせていただきますので、ぜひ勇気を出して一歩を踏み出してください

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : zip 4120 Tagaytay Heights, Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp