フィリピン留学・英語留学【F2F】 | IELTSという試験を知っていますかF2F English Web SiteF2F English Web Site

F2Fのブログ
IELTSという試験を知っていますか2014年5月20日

<IELTSという試験を知っていますか?>

image31

IELTS(アイエルツ)という試験を聞いたことがあるでしょうか?

日本ではTOEICやTOEFLなどと比べ、まだ少し認知度が低い試験ですが、世界的に見れば非常に有名で年々受験者数が増えている注目の試験なのです。

この試験はオーストラリア、イギリス、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、アメリカなどの教育機関で受け入れられており、内容によって2種類に分けられます(アカデミック・モジュールとジェネラル・モジュール)。

前者は大学や高等教育機関への入学に際して必要な試験、後者は一般的な仕事や永住権の取得の際に必要とされる試験です。

試験の構成は「読む」「聞く」「書く」「話す」の4分野で行われます。トータルスコアは0.5ポイント刻みで最高得点は9.0点となっています。

G80

ielts-process-bricksielts_writing_task_1_pie_chart_causes_of_worldwide_land_degradation


「海外の大学に入学したい! でもどうすればいいのかわからない…」

そういう場合に、このIELTSの得点が大きな役割を果たすケースが多くあります。だいたい6.0点くらいのスコアを獲得すれば、海外の多くの大学が門戸を開いてくれます。


また、「海外に永住したい! でもどうすればいいのかわからない…」

そういうケースでも、このIELTSの得点が役立ちます。たとえばオーストラリアやカナダなどに永住したいと考えている場合、IELTSの得点が7.0点くらいあれば、「高度な英語力を有している」と判断され、移住申請の際に大きなアドバンテージとなります。


flash_image_01当校にはこの「IELTSコース」があります。また「医療英会話コース」もありますが、たとえば日本の看護師がこのIELTSで高い得点(7.0点程度)を取得していると、短期間の実習などを経るだけでオーストラリアの看護師として登録することが可能となります。

これらのことから、海外の大学入学に挑戦したい方や、海外移住を検討されている方にとってこのIELTSは避けて通れない試験の一つになっています。

近年、このIELTSの勉強のためにフィリピン留学に来る生徒さんも増えてきました。しかし、大きな問題は「フィリピンではまだIELTSコースがある学校が少ない」という現実です。

IELTSは試験料そのものがやや高額のため、フィリピン人はあまり受講していません。そのため、フィリピン人講師であったとしても、「IELTSって何?」とその内容を知らない人も多数存在します。

当校はアメリカ人講師Mattが、もともと長い英語教師の経歴を持ち、かつ「TOEIC,TOEFL,IELTS」などを他の英語講師に教育する役割を担っていましたので、これらの資格試験には非常に精通しています。

また、フィリピン人講師たちもこれらの試験を教えていた経験があります。その上、アメリカ人のMattが当校のフィリピン人講師にこれらの試験の教育方法を指導していますので、ハイレベルな資格対策授業を提供することができます。

前述の通り、TOEICなどと比べて日本の企業などではまだまだ認知度が低い試験ですが、「実践的な英語」を「読む」「聞く」「書く」「話す」の4分野からしっかりとトレーニングできるIELTSは、今後日本での評価が高まってくると予想されます。

「安く、効率的に」IELTSの勉強をしたい、と思われる方はぜひF2Fにご連絡ください。

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp