フィリピン留学・英語留学【F2F】 | フィリピン留学成功の為に6F2F English Web SiteF2F English Web Site

インターンのブログ
フィリピン留学成功の為に62014年5月29日

こんにちは。
F2F English schoolのshunです。

フィリピン留学を成功させるために必要なこと
を私目線ですこしずつお伝えしていこうと思います。

第6回目は

フィリピンを満喫する    ということ。

フィリピン留学中、ほとんど学校から外に出ないで
生活していました。外に出たのは近くのモールに
ちょこっと買い物に行っただけです。

という留学生が少なからずいます。

英語の勉強に来ているのだから、土日もしっかりと
勉強したいという気持ちもわかります。

しかしながら、せっかくフィリピンに来たのだから、
フィリピンという国に興味を持ち、色々と経験して
満喫することも非常に勉強になり、いいと思います。

英語は言語です。コミュニケーションの手段です。

留学中に勉強した英語をコミュニケーションとして
使用しないのは勿体無いと思いませんか。

どれだけ一人で黙々と勉強しようと、コミュニケー
ションを取らなければ、英語を勉強することの真の
目的を満たすことはできないのですから。

フィリピンは共通語が英語の国です。
かなりの人が英語を理解できますし、喋ることが
できます。(レベルは個人差がかなりありますが)

一度学校の外に出れば、日本と違い英語を使用
することができる環境に身を置くことができます。

積極的に現地の人と話をすることはいいことだと
思います。自分の英語の欠点も見えてきます。

自分の英語が通じなければ発音が悪いんだなと
わかりますし、相手の言っていることがわからなけ
れば、リスニングがまだまだだなとわかります。

学校で担当してくれている先生はプロです。
当然こちらの発音が悪くても理解してくれますし、
わかりやすい英語でゆっくりと喋ってくれます。

しかしながら、現地の人はそういうわけにはいきま
せん。こちらの言っていることがわからなければ、
そういう顔をされます。訛っている人もいるでしょう。
滑舌が悪い人も、早口の人もいるでしょう。

先生の言っていることがわかっていても、現地の
人の言っていることが全くわからないというのは
往々にしてあります。

そういう経験を通して、発音の大切さやリスニング
の難しさを学ぶことができます。 今回は上手く
コミュニケーションが取れなかったから、次回は
上手くできるようにもっと勉強頑張ろうというモチ
ベーションにも繋がっていくのだと思います。

フィリピンの様々な所へ遊びに行けば、それだけ
多くの現地の人との触れ合う機会が得られます。

フィリピン人はフレンドリーなので、興味を持って
話しかけてくる人もいるでしょうし、こちらから
積極的に話しかけてもいいでしょう。

おすすめはSMモール等のお店でスタッフの人と
ショッピングがてら質問したり、世間話をしたり
することです。結構相手してくれたりしますし、
仲良くなって携帯番号を交換したり、遊ぶ約束を
したりすることもありました。

行動して得た経験は、非常に有益なものです。
その行動が自分の糧になりますし、自信に繋が
っていくと思います。

そうやってフィリピンを自分なりに満喫していけ
ば、それは必ず自分自身の英語の成長にも
繋がっていきます。

ぜひ沢山経験をして、フィリピン留学を充実した
ものにして頂ければと思います♪

shun

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp