フィリピン留学・英語留学【F2F】 | ある男性のフィリピン留学の成果&費用F2F English Web SiteF2F English Web Site

F2Fのブログ
ある男性のフィリピン留学の成果&費用2014年5月29日

<ある男性のフィリピン留学の成果&費用>

e0108650_21561053

今回はある男性Hさんのお話です。匿名という条件で留学の成果と費用についていろいろと話してくれました。

彼は英語にはあまり自信がない典型的な日本人タイプ。中学から大学まで、一通り英語を勉強してきたので基礎的な文法や簡単な読み・書きの能力はあります。

しかし、学校を卒業後10年近くが経ち、単語や細かな文法の知識はかなり衰えてしまっています。

それまで仕事で英語を使う機会もなく、もちろん外国人の友達もいません。以前、駅の改札口で外国人に声をかけられたことがありますが、「切符(ticket)」「お札(bill)」「おつり(change)」などの単語が口から出てこず、情けなかったと言っています。

その後一度だけ知人に誘われて、駅前留学でおなじみの某英会話学校にチャレンジしてみましたが、40分のグループレッスンの授業料が約2500円程度、マンツーマンの場合はその3倍の値段になるということが判明し、諦めてしまいました。

そんな彼でしたが、日常生活の中で「英語ができない」ということに関してさしたる不便さを感じることもなかったので、これまで本格的に英語に取り組むことはありませんでしたが、知人の「世界一周旅行」の話を聞き、考えが変わったそうです。

それまで日本という国の中で、それも限られた県の中で日々同じような生活を送るだけの毎日でしたが、世界一周旅行から帰った知人の体験談を聞く中で

「世界には本当にいろいろな場所がある。様々な文化・宗教・価値観を持った人たちが住んでいる。日本のパスポートさえあれば、世界中のどの国に行くこともできる。自分の知らない景色を見てみたい。様々な人種の人たちと、人生について語り合いたい」

そういった感情が湧き上がり、

「人生は一回きりなのだから、思い切ってチャレンジしてみよう」

そう決意したそうです。

Kayangan-Lake-Coron-islands-Palawan-Philippines-422x640

彼の目標は、観光地や世界遺産を回ることではなく、

「世界中の人と酒を飲みながら語り合いたい」

というものでした。

その上で「英語でのコミュニケーション能力」が不可欠だと悟り、留学に至ったのです。

入学時、彼のレベルはCEFRという指標でリーディングはA1.3(12段階の中のレベル4)でしたが、スピーキングに関してはA1.1(レベル2)しかありませんでした。

しかし、4週間の集中的なマンツーマンレッスンによって、合計100時間の授業と70時間以上の予習・復習をこなし、最終的にはリーディングもスピーキングもA2.2(レベル6)までアップさせることに成功しました。

土日はなるべくリラックスできるように、小旅行やマニラへの買い物などをしてリフレッシュをしていましたが、平日はしっかりと勉強したことで簡単な日常会話は問題なくこなせるようになりました。

なにより、苦手意識を持っていた英語に関して、「間違いを恐れずどんどん話しかけていこう」という切り替えができたことが非常に大きかったと語っています。


この滞在で要した費用に関しても、細かな端数は少し記憶が曖昧なところがあるようですが、ざっくりと教えていただきました。


航空券:23000円(往路:15500円、復路:7500円 復路はセブパシフィック航空のプロモーションセールチケットを取得したので非常に格安)

入学金:15000円
授業料:110000円(4週間:宿泊費、食費、掃除・洗濯代、インターネット代など含む)
電気代:1400円
送迎代:約2000円(往復:マニラ空港-学校 ※学校の送迎サービスを使用せず、公共バスを使用)
日用品:約4500円(スナック・軽食類、シャンプー、石鹸、髭剃り、サンダルなど)
散髪代:約600円
遊興費:レストラン(飲み代含む)×4回(約3000円)、全身マッサージ×2回(約1200円)、小旅行(タール湖ツアー)(約4000円

合計:164700円

上記金額の中で、航空券と遊興費は変動する可能性が大きいものです。

※運よく往復ともにプロモーションチケットを取ることができれば、関空-マニラ間は往復で15000円程度になります。繁忙期などで航空券が高い場合は、往復で最大40000円程度になることもあります。

※遊興費は学生によってバラつきがあります。4週間で2000円程度しか使わない人もいれば、2~3万円使われる方もいます。


img-main03これが当校に留学される方の一般的なモデルケースの総額です。

この金額で日本からの移動費、宿泊費、遊興費も全て込み、さらに4週間のマンツーマンレッスンが受けられて、英語力が飛躍的にアップするのです。

日本の英会話スクールで同じ時間だけマンツーマンレッスンを受けようと思うと、ざっと見積もっても50~70万円程度必要です。

また、欧米留学の場合はほとんどがグループレッスンであることに加え、通常授業料には宿泊費や食費が含まれていません。さらに、航空券だけで軽くこの総額を超えてしまいます。

「安く、早く、効率的に」英語を勉強するためには、このフィリピン留学は非常に大きな可能性を秘めています。

「安いのだからそれ相当の質なのだろう…」

そんな疑問を抱かれる方がいるかもしれませんが、当校には英語教師として長い経験を誇るアメリカ人のネイティブ講師も在籍していますし、同様に経験が豊富なフィリピン人講師がそろっています。

少人数制学校の、「レベルが高い講師だけを徹底的に厳選して採用できる」という強みを活かして、とにかく質の高い授業を提供できることを重視しています。

授業の質は決して学校の規模によって決まるものではありません。どのような方でも、F2Fに来ていただければ「英語力の飛躍的なアップ」を果たせるよう徹底的にサポートいたします。

彼はこれから「世界中の人たちと人生について語り合う」旅に出ます。

thailand1-640x4551

留学前のおぼつかない英語では、間違いなくその目的を果たすことはできなかったでしょうが、今のレベルとなにより「英語を話すことを恐れない」その度胸があれば、きっと様々な景色の中で、一生のハイライトとなるような出会いをたくさん果たされるでしょう。

「世界一周の前に、F2Fに来たことは大正解でした」

そう言っていただけたことが、何よりも嬉しい言葉でした。

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp