フィリピン留学・英語留学【F2F】 | Face to Face English SchoolのアクティビティーF2F English Web SiteF2F English Web Site

F2Fのブログ
Face to Face English Schoolのアクティビティー2015年5月2日

 

face to face english school orphanage

Face to Face English Schoolは変わっていますね、とよく言われます。

普通の英語学校であれば、「英語学習」そのものが目的になってしまいますが、F2Fは「英語を学んだ後」にも焦点を当てた学校です。

つまり、「英語を学んで何がしたいのか?」その部分を大切にしています。

◎ 英語を学んだ後、海外で就職を目指したい
◎ 英語を学んだ後、海外の大学に入りたい
◎ 英語を学んだ後、世界一周の旅に出たい
◎ 英語を学んだ後、英語の試験にチャレンジしたい
◎ 英語を学んだ後、仕事で活かしたい

様々な目標を持って留学に来られる方がいます。 

当初は「なんとなく」英語を勉強したいと思っていた方が、F2Fでの生活を通して「刺激的な人たちとの出会い」「自分自身の世界観が広がる経験」「新しいことにチャレンジする自信」を得て、「英語を使ってさらに外の世界に一歩踏み出していきたい」と感じられるケースが本当に多くあります。

F2Fは、英語学習の先にある「可能性」をサポートする学校でありたいといつも考えています。 

一歩足を踏み出すと、新しい可能性や景色が見えてきます。

F2Fに来られた方は、「フィリピンのイメージと違った」「日本よりもある意味暮らしやすい国かもしれない」「自分の知らない世界を体験できて毎日が楽しい」そういった嬉しい感想をよく聞かせてくださいます。 

F2Fのスタッフ一同、生徒の皆さんの夢をかなえるお手伝いをしたいと願っています。 

F2Fでは毎週のように何らかのアクティビティーが開催されていますが、今週も有志の生徒さんたちが講師と一緒に「孤児院」に出かけられました。

フィリピンの福祉・医療団体や慈善事業に関して、実際に現地で子供たちに触れて体験できるのは素晴らしいスタディ・ツアーになると思います。 

また、週末には恒例のCOP(Chill-Out Policy;講師と生徒の距離をどんどん近づけて英語に触れていただく取り組みで、アクティビティやパーティーなどを積極的に開いています)の一環としてドリンキングパーティーが開催されました。

Face to Face English Schoolは既存の学校とどんどん差別化を図り、これからも「英語を使って夢をかなえたい人」を応援していきます。

face to face drinking party
face to face drinking party 2

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp