フィリピン留学・英語留学【F2F】 | YUYAさんの体験記F2F English Web SiteF2F English Web Site

生徒様の体験記
YUYAさんの体験記2015年5月30日

 

face to face english school yuya

Face to Face English Schoolに4か月間留学されていたYUYAさんの体験記です。
4か月の間に英語力が飛躍的にアップし、目標であったアメリカの大学入学に求められるTOEFLの基準をはるかに上回るスコアを取ることができました。

毎日しっかりと授業に出て、その後は集中して自習をされている姿をいつも見かけていましたが、卒業式では本当に流暢な英語でスピーチをしてくださり、4か月の間で大きな進歩を遂げた姿が伺えました。

One day, my mother told me that you need to go somewhere where you can learn TRUE English for going to the US. I did not expect that this words would not only make success my future but give me some keys and ideas of becoming a respected person. In this time, I am going to show what I learned here and why now I feel like this is memorable place by sharing following my concrete experiences

First of all, there are great teachers in Face to Face school, because they have never given me answers easily when I looked like wondering and seeking answer even common but clue me to find MY answer to every question. I was sometimes tired of it though, it is because of it what I can think and unleash my opinion to foreigners in English without scary and hesitation.

Secondly, I had thought I never get memory that I want to recall before I went there but, many students and teachers invited me to go somewhere (almost all time was going to starbucks nearby dormitory. I am confident I have already drunk coffee over the amount of what I was supposed to drink till grave.) over and over and I could get a lot of memory enough to make it a brag.

The third reason is all about what most of Japanese are concerned about such as sanitation, public peace and order, and diets. I had had the same anxiety before I went to the Philippines. However, it was just my bias. I would be lying if I said that whole this country keeps good hygiene, I can say around this school especially in it can do it at least. Even if I compared it with Japanese one, this is not inferior to it, for owner JUNsan always pays attention to sort of things. Thank you!

Lastly, I appreciate experiencing a member of F2F students and what various generation students gave me knowledge in order to live against adverse circumstances as a rather person than a Japanese. It was my first time to discuss about something with different nationality even generation people. There were literally a lot of problems like tradition, culture and generation gap so, we often had heated debate together, and almost happened to fight, but it is included my funny memory! Is anybody still irritated with it?

I am a little with teacher Mark…..(Did you miss the punch line? That is a shame! ) Anyway, to take this opportunity, I am a rather gauche to show gratitude but thank you all for spending precious time together and giving me cordial hospitality! Now I could stand my start line of my new life finally, I am going to take my first step at the US. Let’s get started!

face to face english school yuya2

(日本語訳)
ある日、母から「将来アメリカに行くために、本物の英語を学べるところに行った方がいい」とアドバイスを受けました。
僕はそのとき、このアドバイスが自分の将来に成功をもたらし、かつより良い人間になるための手がかりをもたらしてくれるとは想像もしていませんでした。

今回この体験談を通して、僕がFace to Face English Schoolで何を学んだか、またどうしてF2Fが思い出に残る場所になりえたかをお伝えしたいと思います。

まず第一に、F2Fには素晴らしい講師たちがいます。彼らは質問をたくさん投げかけますが、僕がどれだけ途方にくれていようと決して安易に答えを教えてくれません。
一般的な答えではなく、「僕自身の」答えを探し出させるための糸口を与えてくれるような授業スタイルです。
時にはそういった授業が負担に感じることもありましたが、そのおかげで外国人に対して臆することなく英語で意見を伝えることができるようになりました。

次に、実は留学する前は、後からなつかしく感じるような思い出なんてできないだろうと思っていましたが、それに反して先生や生徒たちが僕を様々なところに誘ってくれました。
(そのほとんどは宿舎の近くのスターバックスです。間違いなく死ぬまでに飲むはずだった以上の量のコーヒーをそこで飲み干しました)
何度も何度も誘ってくれ、本当にたくさんの思い出ができました。

三つ目に、ほとんどの日本人が心配しているであろう衛生面や治安や食事についてです。僕もフィリピンに来るまで同様の不安を持っていました。
けれどもそれは単なる偏見にすぎませんでした。
もしフィリピン全土が衛生的によいと言えば嘘になりますが、少なくとも学校の中とその周辺はきれいな衛生環境を保っていました。
たとえ日本の環境と比べても劣ってはいなかったですし、オーナーのじゅんさんがいつもそれらのことに注意を払ってくれていました。
ありがとうございます!

face to face english school yuya3最後に、F2Fメンバーとして経験できたことに感謝したいです。
様々な世代の方たちが、困難な環境の中でいかにして生き抜いていくか、
といったような教訓を与えてくれました。
日本人としてというより、一人の人間として感謝しています。

今回の留学は、異なる国籍の人たちとはじめて様々なことを議論する機会でした。
そこには文字通り伝統や文化の違い、ジェネレーションギャップなどがありました。
ときには討論が白熱してけんかになりそうなことさえありましたが、それらも含めて本当に楽しい思い出となりました。
まだ怒っている人がいるかもしれませんね?

とにかく、改めて感謝の念を表すのはちょっと恥ずかしいけれど、一緒に素晴らしい時間を過ごせたみなさん、僕に心からの思いやりをくれたみなさんにありがとうと言いたいです。

そして今、ついに自分自身の新しい出発点に立つことができました。
これからアメリカの地において、最初の第一歩を踏み出します。
さあ、行こう!

 

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp