フィリピン留学・英語留学【F2F】 | 目指せ!フィリピン就職F2F English Web SiteF2F English Web Site

F2Fのブログ
目指せ!フィリピン就職2015年7月10日

目指せ!!フィリピン就職

picture4 

Face to Face English Schoolの「アジア(フィリピン)就職支援コース」に対して、最近とても問い合わせが増えてきています。

これまでほとんど見向きもされなかった「フィリピンでの就職」という選択肢ですが、日本の経済状況がどんどん悪くなり、一方でフィリピンが経済成長率6%超の右肩上がりの発展を遂げる中、今日本人の中でも

「フィリピンでの就職はありかも!?」

と考える人たちが確実に増えています。

フィリピン就職のメリットはたくさんあります。

 1.就職のハードルが低い
これは、日系企業がどんどんフィリピンに進出してきているにも関わらず、現地で働くことができる日本人がまだまだ少ないことが理由です。

日本ではなかなか就職できないような大手企業でも、フィリピンの現地採用であればかなりハードルが低く、就職可能な状況でもあります。

採用条件は概ね以下の通りです。

◎ 日本語ができること
日本人にとって日本語が話せるのは当たり前ですが、この「日本語を話せる能力」というのがフィリピンでは非常に重宝されます。商談などは日本語ベースで行われることが多いので、「日本語が話せる」ということが必須条件となるわけです。

◎英語ができること
ただし、日本の外資系や欧米の企業と比べて、求められる英語力は格段に低いです。なぜなら、前述の通り商談などは日本語ベースで行われることが多いからです。
同僚のフィリピン人ワーカーたちと英語でコミュニケーションができる程度の能力で大丈夫な場合がほとんどです。

◎社会常識があり、積極的な姿勢を持っている人
時間を守る、約束を守る、など基本的なことがらです。社会人であれば当たり前ですが、この社会人としての最低限のマナーを持った人が重要視されます。
また、好奇心が旺盛で前向きに何にでも挑戦していけるような性格の人が好まれます。
日本ではできないような新しいことをどんどん任せてもらえるので、自分から進んで仕事に取り組む人が望まれます。

これ以外にも、日本での職歴(営業、事務、秘書、エンジニアなど)があればよりスムーズに採用が決まるケースが多いのですが、たとえ新卒に近いような状況でも、現在のフィリピンでの「就活」はとてもハードルが低いのが実情です。

この「超売手市場」はしばらく続くと思われますが、現在のこのブルーオーシャンの状況を逃さず、前向きに就職活動にチャレンジしていただければ必ず成功すると思っています。

2.待遇が良い
昔は「フィリピンでの現地採用」と聞けば、「とても暮らしていけないような薄給で、厳しい労働環境に耐えなければならない」といったイメージを持たれる方も少なからずいました。
しかし、現在はフィリピンの経済発展に伴い、現地採用者の労働条件も良くなっています。

具体的には、給料は額面で20万円から30万円くらいが平均です。
日本での職歴によっては30万円から40万円以上の案件も見られるようになってきました。
また、企業によっては「住居支給、車支給、ドライバー支給」などの各種手当がつく場合もあります。

民間給与実態統計調査によると、2015年の日本人の平均年収は、20歳から29歳までが約300万円、30歳から39歳まででも約400万円となっています。
つまり、フィリピンと日本で賃金の差がほとんどなくなってきているような状況なのです。
しかし、下記で言及するように物価がかなり違うため、給料の実感額としてはフィリピンの方が高いように感じます。

 3.住みやすい
フィリピンと聞けば、「治安が悪い」というイメージがまだまだ根強いですが、当然のことながらこれには地域差があります。
日本でも、歓楽街がある場所と、田舎の農村ではまったく環境が異なると思います。
同様に、Face to Face English Schoolがあるタガイタイ市はフィリピン屈指の「治安の良い高級避暑地」です。

また、日系企業が多く進出しているマニラの「マカティ」や「フォートボニファシオ」などは、一見すると日本のオフィス街と見間違うような近代都市です。
マカティなどで働く日本人の場合、多くはその中にある高級コンドミニアムに住む人が多いです。

家賃は単身者用の部屋で約5万円から8万円くらいが相場です。ほとんどのコンドミニアムには室内プールやジムが併設されており、まるでホテルのような高級感あふれる建物です。そのような場所にこれだけの値段で住めるのは、物価の違いによる恩恵に他ありません。

 picture1 

picture2

ハウスキーパーなどはだいたい一か月1万円くらいで雇うことができますので、食事や掃除などの心配もありません。
また、フィリピンは日本から最も近い東南アジアの国ですので、東京まで約4時間半、大阪までは約3時間半、航空券も片道10000円から25000円程度(航空会社による)で行き来ができるのも大きな魅力だと思います。

4.海外勤務の経験を積むことができる
今後、高齢化が進む日本は海外からの労働力に頼らざるを得ない時代がやってきます。
フィリピン、インドネシアなどをはじめとする東南アジアの国が、その候補国であることは間違いがありません。
また、今後世界の中心が欧米からアジアに移行していくことも多くの経済学者や格付け機関などが予想している通りです。
フィリピンのマニラも、米コンサルティング会社のATカーニーによると、「20年後に世界のリーダーになりうる都市」の第二位に選ばれています。
それに伴い、日本人の若い世代がこの国で今後仕事をしていく機会はますます増えていくでしょう。

つまり、現在「フィリピンでフィリピン人と一緒に働く」という選択肢は、今後の世界情勢を見据えた上での大きなアドバンテージになる道であるということです。
今のうちに、たとえ1年、2年でもいいので、「フィリピンで働いた」という実績を積んでおけば、それが将来大きく役に立つ日が来ると個人的には確信しています。

Face to Face English Schoolでフィリピン就職を果たしてみませんか?

最後に、このフィリピン就職にチャレンジしたい方を大募集いたします。

流れはとても簡単です

◎当校に留学していただき、まずは英会話(およびビジネス英語)の勉強をしていただきます。
留学期間は問いません(ある程度英語の基礎力がある人であれば1~2か月程度で就職を決めることが可能です。じっくり英語力をつけてから就職にチャレンジされたい方は、3か月以上のコースをお勧めいたします。詳しくはご相談いただければ個別にメール・スカイプなどでカウンセリングさせていただきます)

◎留学中に、案件紹介を行いますので興味がある会社があれば当校から直接面接に行っていただきます。もちろん案件は時期によって異なりますが、当校独自のネットワークにより、より良い案件を紹介できるようサポートいたします。

◎就職面接に必要なこと(ホテル予約、道案内、英語での面接対策、英語履歴書の書き方など)は、当校が徹底的にサポートいたします。

◎当校のマニラ就職コミュニティにも参加していただけます(マニラで就職を果たした日本人現地採用者の集いです。定期的に飲み会などを開いて、情報交換や親睦を図る会です。名称は「和カティ」です)
見知らぬ土地でも、すでにそこで働いている日本人の先輩たちと親しくなれるので、ホームシックにかかる不安も軽減されます。

ぜひ、今まで日本人がほとんど知らなかった「フィリピン就職」に目を向けて見て下さい。
日本では味わえない楽しさ、新しいことにチャレンジできる高揚感、自分の手で将来を切り開いていける充実感を体験できると思います。

Face to Face English Schoolで「フィリピン留学&就職」を果たして、新しい人生の扉を開いていただけるようサポートさせていただきます。
ぜひあなたのご相談をお待ちしています!

picture3

フィリピン就職に関連する過去の記事

◎フィリピン就職事情(F2Fの就職サポート)
             https://www.f2fenglish.jp/2015/05/17/job-support/

◎フィリピン就職インタビューNo.1
              https://www.f2fenglish.jp/2015/06/22/yusuke/

◎フィリピン就職インタビューNo.2
              https://www.f2fenglish.jp/2015/07/05/kumi/

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp