フィリピン留学・英語留学【F2F】 | ボーディングティーチャーといつでも英会話!F2F English Web SiteF2F English Web Site

F2Fのブログ
ボーディングティーチャーといつでも英会話!2015年8月3日

face to face english school boarding teachers

Face to Face English Schoolは、現在5つの宿舎があり、約25名の生徒様が滞在されています。

少人数制にこだわる一つの理由は、生徒数を増やすとどうしてもアルバイトなどの臨時職員を雇う必要が生じるからです。大規模校などでは、繁忙期に一斉に臨時職員を雇い、閑散期にすべての契約を終了させるという方法が一般的に取られています。つまり、講師の人数の中に、かなりの割合の臨時職員が含まれているということです。 

けれども、アルバイトの臨時職員と、英語講師を本業としている正社員とではレベルの差は歴然としています。アルバイトの臨時職員の英語力はお世辞にも高いとは言えませんし、そのような講師から英語を学んでも得られるものには限界があります。

一方で当校は100%正社員の講師だけをそろえています。

極めて厳しい採用試験を課し、また講師の待遇を良くすることで本当にレベルの高い講師がずっと定着してくれるように努めていますので、離職率も非常に低いです。
そのようにして一人ひとりの生徒様の授業の質を高めていくようにしています。

また、Face to Face English Schoolの大きな特徴として、ボーディングティーチャー(住み込み講師)制度を採用していることも人気の秘訣です。

当校には実に8名ものボーディングティーチャーが在籍しています。

彼らは生徒様と同じ宿舎に住んでおり、夜間帯に一緒に映画を見たり、ドリンキングパーティーを開いたり、また時には無料のナイトクラスを開いたりして生徒様の英語力向上を助けてくれます。
授業とは違う普段の日常的な生活場面での生きた英語を聞くことができるのも大きなアドバンテージになると思います。

授業で英語を使うのはもちろん大切ですが、授業以外のところでこのように英語を話せる環境があるのはボーディングティーチャーの大きな魅力だと思います。

留学の最大の目的は、やはり「英語力の向上」ですので、講師の質が高く、またボーディングティーチャー制度が充実しているFace to Face English Schoolにぜひ留学にお越しください!

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp