フィリピン留学・英語留学【F2F】 | LIVE!!! 授業風景!!F2F English Web SiteF2F English Web Site

インターンのブログ
LIVE!!! 授業風景!!2015年8月14日

こんにちは、お久しぶりです!
最近、フィリピン人と間違われる率80%のスチューデントマネージャーのMasaです(笑)
これ本当なんですよ!スーパーマーケットで買い物中に店員さんからタガログ語で接客されたり、ジプニーで移動中に隣に座った現地のおばちゃんからタガログ語で話しかけられたり、極めつけは街を歩いてて道を尋ねられたりします。時には新入生の生徒さんから日本人ですか?と聞かれることもあったり、、、
もうね、なんだろうこの感じ、、、ちょっと複雑です。笑
最初は面白がっていましたが、最近はそれも「そのノリちょっとハードル高すぎないか?」と思うようになってきました。笑
でも、これも受け入れられてる証なのかなとポジティブに捉えてやっていこうと思います。

もう僕もF2Fに来て5ヶ月が経過してだんだんフィリピン文化に慣れ、フィリピン人化が進み、もうカルチャーショックというものがわからないくらいになってきてます。
そのせいかこの様です。笑

そして、そんなある日、ふとした瞬間に初めて母の料理が恋しくなりました、、、笑
フィリピン料理は美味しいですが、日本食の様な味付けではないのでどうしても日本のあの味を欲してしまうんですよね><
今でもシェフのマニュエルの料理に大満足でとても大好きなのですが、フィリピン人よりの顔をしている僕でもやはり通っているのは日本の血なので、郷土の料理が恋しくなりました!笑
お母さん今まで美味しいご飯をありがとうございます。僕もようやくそのありがたみが分かる様になりました。
今度帰った時には、大声で『美味い〜!!』と叫びたいと思います。笑

さて、僕なりに面白く書いたつもりの僕の近況もこの辺にして、
タガイタイの近況、F2Fの授業風景、内容等について触れたいと思います。

ただ今、タガイタイでは雨季が到来しつつあり、時たまスコールがザバーっと降り出します。
少し前まではカラッと晴れていたのに気づいたら大粒の雨が僕たちを襲います。それが約1時間前後で降り止み、またカラッと晴れだします。
主婦の皆さんにはとんでもない迷惑だなと思いました。(今回は少し、お母さん視点が増えそうです。笑)
IMG_0830

IMG_0836

はい!大変お待たせしました!ここから今回のお題を始めさせていただきます。
ようやくお伝えできる準備が整ったので、F2Fの授業風景、内容等について紹介させていただきたいと思います。

もう皆様もご存知のようにフィリピンの留学は、マンツーマン形式で小さな個室で行うようになってます。
こういった感じです!

IMG_0790

今回は、teacher EmuとTomomiさんの授業にお邪魔してきました。

僕の印象ですが、普段から僕はEmuと接する機会が多いのでよく知っているつもりですが、普段からとても明るく先生というよりはノリの良いお兄ちゃんに近い感覚ですね。
Emuはとてもフレンドリーで心優しいです。相手の事を気遣って接することも出来るし、礼儀正しいかっこいい先生!日常で使いやすい表現を授業中、休み時間、ランチタイムなど、いつでも教えてくれるホスピタリティーに富んだ方で、生徒さん(男女問わず)からの評判が高く、人気のある先生の一人です。
Tomomiさんは後ほど紹介させていただきます、Shuheiさんと夫婦でF2Fに留学に来てくれている方です。彼らは、F2Fを卒業後に世界一周に飛び出て行く予定の仲良し夫婦です。(少し前に卒業されました。)いつも、一緒で誰もが認めるおしどり夫婦です。僕は、こんな仲睦まじい夫婦を見たのは初めての経験だったので正直に羨ましいなという思いと、僕もああなりたいなという思いが芽生えました。
一緒に歩いている姿を見ているだけで心が温かい気持ちになれます。
ありがとうございます!

とても仲良く、雰囲気の良い授業が見て取れました。
今日は、ある映画にフォーカスしたスピーキングの授業を行っている様子でした。
Emuのティーチングスタイルは各生徒さんの興味のあるものから派生させていき、その人その人に柔軟に合わせていくスタイルです。
Tomomiさんの場合は、映画が好きなのでTomomiさんの好きなジャンルであらすじ、おおまかなストーリーをEmuが事前に準備をしてくれ、それを一緒に読み進め、最後に自分の言葉でその映画を説明するといった内容です。それも映画のストーリーだけでなく、キャスト名、トリビア、名言などを盛り込んだバラエティーに富んだ充実ぶり!
これには正直、驚かされました。
そこで、Tomomiさんに正直なところの授業の感想を聞いてみました!

Tomomiさんの感想:Emuの印象はいつも明るく笑顔の素敵な先生です。
授業については、私の好きなジャンルで且つ、私が見たことのない映画を用意してくれるので全然飽きずに出来るし、このスタイルは自分に合ってて本当に楽しい!それでいて、締めるところはきっちり締めてくれる(間違ったセンテンスの訂正)し、しっかりこっちの意見が出るまで待ってくれる(時々、応援も。笑)ので一緒に進めている感じが得られて嬉しい!

僕は、普段のEmuしか知らないので授業がここまでとは思ってもいなく、
え?!ベタ褒めじゃん!と思いましたが、話を聞いていると、僕までその授業が受けたくなりました。(笑)

IMG_0793

これはteacher BobとShuheiさんの授業です。
BobはF2Fの中で最も古株の先生で、授業のコントロールの仕方が上手と評判の先生です。
特に初・中級の生徒さんの力を上げる力はF2Fの中でも屈指の先生で、授業だけでなく、時にはみんなを誘ってビーチに連れて行ってくれたりします。そこでは自ら仕切ってくれ、準備全般をしてくれていたり、BBQで自ら肉を焼いてくれたり、フルーツカットをプロ顔負けでやってくれたりと彼もまたホスピタリティー溢れる先生です。

そしてそして、Shuheiさん!彼は、先ほど紹介させていただきました通り、Tomomiさんとご夫婦でF2Fに来てくれている方です。Shuheiさんは日本で7年間保育士をやっていてこの後、世界の保育事情を知るために世界一周を旅するあくなき向上心を持った方です!
早速、ここフィリピンでも何校かの保育園、幼稚園等に出向いて色々な子育て、保育の在り方を見て回っています。
そういう視点を持って世界を旅するという事は旅を終えた時の達成感や自分の考え方の変化などが感じられると思うので、また是非、旅を終えた後にお話を聞けたらなと思います。
今回のミニインタビューでとても楽しそうに、時には熱く、話しているShuheiさんの顔を見ていると心から保育が好きな人なんだなあと思わされました。

それと、ネイティブの先生のクラスにお邪魔してきました!
teacher DavidとShun君の授業の様子です。

突撃訪問させていただいたのですが、快く写真に応じてくれました。

IMG_0792

Davidはネイティブの先生で、元ミリタリー出身の屈強な先生です。笑
でも、見た目の通りとても優しく、落ち着いた雰囲気を持っている先生です。なので、生徒さんが答えに困って、少し考えている時間も答えが出るまで笑顔で待ってくれてます。
それが上手く答えられずにいる時でも、違うアプローチの仕方をしてくれたり、間違った表現をしても優しく直してくれます。
また、ネイティブの授業ならではですが、注文をしたら本物のアメリカンアクセントだったり、本場ではこういう表現の仕方が普通だよといった授業スタイルも可能です。
他にもリンキングで英語を喋るのでリスニングを鍛えるにはとてもいい訓練になります。アメリカに興味のある方はネイティブの人から現地の話が聞けるので、とても面白いです。(僕も彼から現地のいろんな情報を手に入れました。笑)

Shun君は現役の阪大生で、日本では個別指導の塾の先生をしていたという経歴を持ったとてもスマートで真面目な方です。その事を知ってから一部の生徒さん達からは『先生』というあだ名で呼ばれています。笑

そんな先生もまたF2Fを卒業後には世界一周に飛び立つ一人です。

彼らの今日の授業は、ネイティブがよく使う表現とアメリカで役立つ色々な現地人ならではの知識などを教えてもらって旅に役立たせるような形でなおかつ、英語学習というShun君らしい授業だったようです。
皆そうですが、自国、自分の生まれた地域についての話は好きなのでやはりDavidもアメリカについての話をする際の表情は本当嬉しそうに話してくれてます。授業中に突撃したにもかかわらず、この表情は納得がいきますね。笑
本当に優しく、おおらかな性格でTHEアメリカンといったような印象の先生Davidクラスでした。

そして、最後に毎日無料で行われているグループクラスの授業風景がこちらになります。

IMG_0841

グループクラスでは、レベルごとに3つのグループに分かれて曜日によって先生を変えて授業を行ってます!
ディスカッションや様々なゲーム、音楽を使ったクエスチョン形式のものだったりと各グループのレベルに合ったものを午後5時から希望制(もちろん無料)でやっています。
またまたteacher Bobのクラスにお邪魔してきましたが、今日のグループクラスはクイックレスポンスの練習で、簡単なQ&A形式で行われておりました。
例えば「Is a laptop on the desk?」というシンプルな質問に早い時間で返答出来るように反復して行うといった形式です。日本人が苦手なレスポンスの速度を上げる事を目指し、なおかつストレスを感じる事なく、みんなでワイワイ楽しみながら学ぶといったグループクラスならではの授業風景でした。
ここでグループクラスに出席していたShion君に少し感想をいただきました。
「グループクラスでは普段ずっとマンツーマンで授業をやっている時とは違って周りに同じレベルの人がいて、一緒に授業を受けれるのでリラックスした雰囲気の中で出来るのがとてもいい。
しかも、みんなとワイワイやれる楽しさがあるから、来た当初はグループクラスがきっかけで仲良くなった人もいました。
ただワイワイだけじゃなくて他の生徒が喋っている英語で新しい言い回しなども発見出来るので、そこは刺激になって気を引き締めるいいチャンスにもなるのでグループクラスに出席するようにしています。それに先生も自分の担任の先生じゃない方がやることもあるので色々なスタイルが見れて面白いです。その中でひとつだけ注文をつけるなら、グループクラスの授業を受ける生徒が少ない時があるのでみんな参加してほしいと思います。そしたらたくさんの人の言い回しを盗めるので(笑)」と、グループクラスについての感想、意見をいただきました。ありがとうございます!

これらがF2Fの大まかな授業風景でした!
取材をしてて感じたのは、どの生徒さんも先生もみんないい顔していたのと、当たり前の事ですが、求める授業の内容、スタイルが異なる点があったりしてとても面白かったです。やはり、皆それぞれ自分のスタイル、学びたいポイントが違いますが、英会話スキルの習得という大きな目標に向かって様々な方面からアプローチしてその目標を達成しようとしている有志達なんだなと改めて感じることができました。
これからもみんなで目標達成に向かって頑張っていきましょう!!!
改めて、インタビューに答えてくれた生徒の皆さん、うまいこと書けたか分かりませんが、ご協力ありがとうございました!!

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp