フィリピン留学・英語留学【F2F】 | 海外旅行で英会話を10倍楽しむ3つのポイントF2F English Web SiteF2F English Web Site

F2Fのブログ
海外旅行で英会話を10倍楽しむ3つのポイント2015年11月27日

face to face english school teachers jumping

海外旅行で英会話を10倍楽しむための3つのポイント

Face to Face English Schoolには、本当にいろいろな生徒さんが来られます。

◎海外就職をしたい
◎海外の大学に進学したい
◎TOEICやIELTSのスコアをアップさせたい
◎ビジネスで使う英語を磨きたい

などなど…

その中でも、やはり多いのが「旅行先で英語を使いたい!」という方々です。

「世界一周旅行に行くので、しっかり英語を学んでおきたい」

という人もいれば、

「観光旅行が好きなので、せめて現地で通じるだけの英語力をつけたい」

といった意見も数多く聞きます。

こういった「海外旅行」の前に英語を学習するメリットはたくさんあります。

普段はなかなか訪れることができない憧れの国に行っても、

◎英語で話す自信がないから、なるべく人と接触しないようにしよう
◎日本人ばかりが集まるツアーにだけ参加しよう
◎ガイドブックやグーグル翻訳だけを頼りにしよう

このようになってしまうのであれば、せっかくの海外旅行が本当にもったいないと思います。
海外旅行の醍醐味は、現地で多くの人に出会い、文化に触れ、今まで見たことも聞いたこともなかったようなことをどんどん体験していくことにあるのではないでしょうか?

一方、簡単な「日常英会話」さえ学んでおけば、これから先たとえ何度海外旅行に行ったとしても、現地でよりたくさんの魅力的な体験をすることができると思います。

個人的には、英語が「使える」「使えない」によって、旅の楽しみ方はガラリと変わってくると感じています。

少し前置きが長くなりましたが、ではここで「旅行先で英会話を10倍楽しむ」ための非常に簡単な3つのポイントをお伝えします。

 

1.自信を持つこと

日本人が「海外で英語がなかなか通じない」と感じるその大きな原因の一つに、「自信のなさ」があります。
自信がない人は、まずどうしても「声が小さく」なってしまいます。また、「この単語や文法はあっているのだろうか?」といろいろ考えすぎるあまり、言葉自体がなかなか口から出てきません。

そのため、外国人の相手から見ると、「なんだかオドオドしている」「うまく聞き取れない」というふうに思われ、コミュニケーションが図れなくなってしまうのです。

自信をつけるというのは実はとても簡単です。
「人前で英語をたくさん話す」…これだけで自然に自信がつきます。

Face to Face English Schoolのマンツーマン授業は、どれだけ間違えようが、どれだけむちゃくちゃな英語を使おうがまったく構いません。

最初はわからなくても、大きな声で恥ずかしがらずにどんどん英語を話すことが大切です。講師たちはとてもフレンドリーで優しいので、みなさんのペースに合わせて単語や文法も教えてくれますし、間違いも指摘してくれます。
そして、「英語を口に出す」という練習を何度も何度も何度も繰り返して行ってくれます。

旅行前に留学に来る最大のメリットは、この「英語を話すことに対する自信がつく」ということなのです。

 

2.最低限の依頼文をマスターする

次のポイントは少しHow to的なものになるのですが、これも非常に重要なことです。

たとえ英語で難しい意見を言うことができなかったとしても、まずは最低限「自分は○○がしたい」「××をしてほしい」ということを伝えることができるようにすることが大切です。これができれば、たいていの場面を乗り切ることができます。

ホテルの予約、レストランでの注文、道を尋ねる、助けを求める…そういった場面で確実に必要になってくるフレーズ(たとえばCould you~、Can I~、I want to~、I need to~など)を徹底的に覚えることで旅先での行動範囲が広がります。

Face to Face English Schoolでは、初心者の方のためのシチュエーション英会話がありますので、「レストランで注文する」「ホテルにチェックインする」「服屋で買い物をする」などといった様々な場面を設定して、じっくりとマンツーマンでロールプレイングを行うことができます。

最低限の言い回しを練習し、自信をもって大きな声で話す…これだけでもかなり英語の伝わり方がちがってくるのです。

 

3.英語をとことん楽しむ

そして最後のポイントは、英語でのコミュニケーションを楽しむということです。

英語を学ぶことは決して義務ではなく、ましてや苦しみなんかではありません。英単語を一つ覚え、英文法を一つ理解し、英語のフレーズを一つ言えるようになることは、自分と異なる文化を持つ人々に一歩近づけるということになるのです。

つまり、英語は新しい出会い、新しい発見、新しい生き方にアプローチ(近づく)することができるツールとなるのです。英語を使って様々なものにアプローチできるのは、非常に楽しいことです。

もっと言うなら、英語は「ただ学習するだけ」では意味がありません。英語を学習して知識が増えたとしても、そこで完結させてしまうのであればそれはただの自己満足で終わってしまいます。

英語は「実際に用いて、新しい何かにアプローチする」ことではじめてその役割を達成するものなのです。

Face to Face English Schoolでは、実際に学んだ英語を「実戦で用いる」機会がたくさんあります。講師たちと一緒に共同生活をすることで、普段の日常場面でもたくさん英語を使うことができます。

買い物に行ったり、映画を見たり、時には講師と生徒という関係を離れて人生の目標や悩みを語り合ったり…そういった「英語本来の楽しさ」を実感できる場面が数多くあるのです。

このような経験が素晴らしい下地となり、卒業後にいざ海外に行った際、現地で知り合った人たちによりスムーズに近づいていくことができるのです。

 

もしみなさんが、

◎英語の初心者で英語に対する苦手意識を抱えている。
◎けれども、海外に一歩出てみたい。世界を旅してみたい!

そう思っているのであれば、ぜひFace to Face English Schoolへお越しください。

当校で英語に対する自信をつけ、また実戦で役立つ英会話を学習し、さらに英語が持つ楽しさを味わっていただければ、その後のみなさんの「旅」は10倍、いやそれ以上に魅力的で豊かなものになるはずです。

みなさんとお会いできることを楽しみにしています!

tagaytay taal restaurant

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp