フィリピン留学・英語留学【F2F】 | F2Fの役立つ英会話:「どっちでもいい」を英語で言うとF2F English Web SiteF2F English Web Site

日々の様子
F2Fの役立つ英会話:「どっちでもいい」を英語で言うと2016年12月13日

13339_1_1200px

F2Fの役立つ英会話:「どっちでもいい」を英語で言うと

会話をする中で、「どっちがいい?」と尋ねられることはよくあると思います。
そんなとき、特にこだわりがなく「どちらでもいいです」と言いたい場合、以下の表現が役立ちます。

1.Both are ok

選択肢が2つあって、「両方ともいいよ」と言いたいときに使います

2.Either is ok

これも選択肢があり、「どっちの選択肢でもいいよ」と言いたいときに使います

3.Whatever

何かを聞かれた際、「どっちでもいいよ」と言う場合、このwhateverも使えます。
ニュアンスとしては「どうでもいい」「なんでもいい」など、ややなげやり的な感じがある表現です。

ほかにもI don’t care(なんでも構いません)など、たくさんの表現がありますが個人的には普段は1か2を使い、くだらない質問などに対しては3を使うようにしています。

使える表現をどんどん覚えていきましょう

フィリピン留学ならFace to Face English School!

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp