フィリピン留学・英語留学【F2F】 | フィリピン留学での両替についてF2F English Web SiteF2F English Web Site

インターンのブログ
フィリピン留学での両替について2017年2月28日

こんにちは。Face to Face English School のBouです。

今回はフィリピン留学に来られた際に必ずしなければならない両替についてのお話です。

ここフィリピンではペソというお金が用いられています。

生徒の皆さんは、当校に入学された後(基本的には日曜日に入学となります)、翌日の月曜日にオリエンテーションを受けていただきます。オリエンでは学校の説明を受けていただき、その後カリキュラムの決定、日用品の買い出し、そしてペソへの両替を行います。
(授業は月曜日の午後から開始となります)

毎回日本人スタッフが付き添って近くのモールに行き、必要な分のお金を両替していただくのですが、どこで両替をするかによってレートに差が出てきます

つまり、レートの良いところで両替をすると得をしますし、反対にレートの悪いところで両替をすると損をしてしまいます。

両替所

「留学に行く前に、お金をペソに両替しておいた方がいいですか?」という質問を受けることがありますが、基本的には「学校に到着後、近くのモールで両替する方がいいですよ」とお勧めしています。

なぜなら日本の銀行や空港で両替をしてしまうと損をしてしまうことが多いからです。

例えば2月のある日、10000円を成田空港で両替すると3891ペソでしたが、同じ日に学校の近くのモールで両替すると4340ペソでした。

同じ10000円を両替しても約400ペソ(約1000円)の差が生じていました。

フィリピンは物価水準が安い国ですので400ペソの差はかなり大きく感じます。

※ただし、フィリピンに到着後すぐに少額のペソを使いたい方の場合は、日本で2000~3000円程度だけ両替してこられてもいいと思います。

images

またタガイタイで両替するときはパスポートがいらないのですが、同じフィリピンでも違う場所ではパスポートを提示しなくてはならなかったりするので旅行などに行かれる際はパスポートを持ち歩いてもらうことをお勧めします。

オリエンの際、スタッフが両替所に同行してレートの相場やおおよそ両替するべき金額もお知らせすることができますので、海外が初めての方でもご安心ください。

フィリピン留学を検討されている方で、特に「海外が初めて」の方は準備の段階で様々な不安や疑問が出てくると思います。

今回お伝えした両替のことだけではなく、フィリピンでの生活全般について、英語学習のことについて、わからない点が多々あるかと思われます。

Face to Face English Schoolは少人数制の学校ですが、日本人スタッフが3名程度常駐しており、一人ひとりの生徒様に対して細かなサポートをさせていただいております。

また留学前でも質問や疑問があればメール等でお問い合わせいただければ、直接オーナーが丁寧に回答をしてくれます。
留学前も留学後も、私たちがみなさんのフィリピン留学をしっかりとサポートさせていただきますので安心して留学にお越しください。

フィリピン留学ならFace to Face English School

Contact
■名前*

■メール*

■メール確認用*

■お問い合わせ*


 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

address : ZIP 4120 2nd Floor Wilbincom BLDG JP RIzal Ave Kaybagal South Tagaytay City, Cavite, Philippines
E-mail : omachi@f2fenglish.jp
URL : http://www.f2fenglish.jp